エレベーターの整備士について

###Site Name###

大型スーパーや高層マンションなどに設置されているエレベーターは大変便利な存在ですが、一歩間違えると大事故を起こしてしまう危険な乗り物でもあります。

そのため普段から定期的なメンテナンスが求められるのですが、エレベーターの点検に携わる整備士は、一体どのような仕事をしているのでしょうか。



整備士の仕事は主にエレベーターの点検ですが、問題が見つかった場合はその場で修理を行います。特別な資格が必要だと考えている人が多いですが、入社したばかりの頃は何の資格も求められません。



ただし、移動が主になるので運転免許を取得していることがほぼ必須といえます。
入社したての頃は専門の資格は必要ではありませんが、より高い地位を目指すなら昇降機検査士の資格を取得していることが求められます。

昇降機検査士の資格を持っていると、現場の点検報告などの責任のある仕事を任されるようになります。

この資格を取るには実務経験が必要で、受験資格は出身校や勤務経験によって変わります。

話題のlivedoorニュースをご紹介します。

整備士の待遇は所属する企業によって大きく違いますが、これは職種に関係なく存在する問題だといえます。エレベーターの整備士は、地震などの災害時に緊急出動が求められることがあります。
中に閉じ込められた人を救出する事例が珍しくないため、点検や修理だけの仕事だと思っていると後で痛い目を見ることになります。

エレベーターの整備士は、特に体力的な面でかなりハードな仕事だといえるでしょう。